強い台風18号は、11日午後3時現在、フィリピンの東にあって時速30キロで西北西へ進んでいる。13日には非常に強い勢力となって沖縄県の先島諸島に接近する恐れがあり、沖縄気象台は早めの台風対策を呼び掛けている。

台風18号の進路予想図(気象庁HPより)

ひまわり8号リアルタイムwebがとらえた11日午後4時30分現在の台風18号

台風18号の進路予想図(気象庁HPより) ひまわり8号リアルタイムwebがとらえた11日午後4時30分現在の台風18号

 台風18号の中心気圧は975ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートルで、中心から半径80キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。

 沖縄気象台によると、13日から14日にかけて八重山地方で暴風が予想され、先島諸島や沖縄本島地方では猛烈なしけや大しけとなる恐れがある。

 12日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は、八重山地方で18メートル(30メートル)、宮古島地方で18メートル(30メートル)、沖縄本島地方で15メートル(25メートル)。