イスラム教徒少数民族ロヒンギャに対するミャンマー政府の弾圧が激化している。ノーベル平和賞を受賞したアウン・サン・スー・チー氏の政権下でだ。国連は「民族浄化の様相」と危惧する▼8月25日にロヒンギャの武装集団と国軍が衝突し、すでに400人以上が死亡した。