日本下水道施設管理業協会九州支部に所属する興南施設管理(浦添市)の屋良学代表取締役社長らは11日、県庁に宮城理土木建築部長を訪ね、次年度予算の策定に向けて、積算への配慮や物価が変動した際の契約変更の協議などを要請した。 屋良代表取締役社長は「沖縄県の公共工事設計労務単価は全国最下位。