【東京】政府は、米軍普天間飛行場の返還に伴う名護市辺野古の新基地建設地に近い久辺3区(辺野古・豊原・久志)の振興策を話し合う国と地元との協議会の初会合を30日に辺野古地区で開くことを決めた。11日までに地元関係者が明らかにした。

 政府は防衛省から中島明彦地方協力局長、内閣府から石原一彦沖縄振興局長ら幹部を出席させる。官邸筋によると、官邸が地元へ配慮を示す必要があると判断し、幹部の出席を決めた。住民側からは、久辺3区の区長が出席する予定。