左藤章防衛副大臣は11日、宮古島への陸上自衛隊警備部隊の配備計画を正式に地元へ伝えた。政府は中国の海洋進出を念頭に、離島防衛の強化を前面に打ち出すが、地元には自衛隊配備へ反対の声も根強く、住民の合意形成を得られるかは不透明だ。