12日明け方から強い風が予想される沖縄本島でも11日、漁業者や農家が対策に追われた。

台風6号の接近に備え、漁船をロープで固定する漁師=11日午前10時半ごろ、那覇市の泊漁港

 那覇市の泊漁港では、台風接近に備え、漁業者らが漁船をロープで固定した。強い勢力を保ち、速度が速い台風の襲来に、真剣な表情で作業に当たった。

 ビニールハウスが並ぶ豊見城市饒波では昼から夕方にかけて、農家らがビニールを巻き上げる作業に追われた。ゴーヤーを栽培する金城修さん(53)は「植え付けたばかりだが、ハウスが風で飛ばされるのはどうしても避けたい。塩害も心配だし、台風は来ないほうがいい」と表情を曇らせた。