【東京】菅義偉官房長官は12日の閣議後会見で、翁長雄志知事が名護市辺野古の新基地建設反対を訴えるために今月末から訪米することに対し、「国防は国の専権事項」との認識を示した。

 菅氏は「地方自治体の知事の外交について政府の立場としてコメントするのは控えたい」とした上で、「わが国と国民の安全確保は政府の責任。そういう立場で日米同盟のあり方を政府間で不断に話し合いを進めているところ」と述べた。

 また、山口俊一沖縄担当相は「沖縄振興担当大臣としては、取り立てて協力できることはあまりない」としつつ、「(知事の動向を)しっかりと注視したい」と述べた。