2017年度の県観光推進本部(会長・翁長雄志知事)の第1回会合が12日、沖縄県庁で開かれた。観光分野での官民の取り組みをまとめた「観光推進ロードマップ」に、県が新たに掲げた「2021年度までに入域観光客数1200万人、観光収入1兆1千億円」の目標を盛り込むことを確認した。