沖縄海邦銀行(上地英由頭取)は11日の取締役会で、常務取締役に取締役審査部長の屋宜宣宏氏(58)を昇任させる役員人事を承認した。取締役には、九州総合信用保証沖縄支社長の知念秀康氏(57)、業務執行役員人事部長の新垣淳氏(54)、業務執行役員総合企画部長の垣花充位氏(55)を充てる。

屋宜宣宏氏

知念秀康氏

新垣淳氏

垣花充位氏

屋宜宣宏氏 知念秀康氏 新垣淳氏 垣花充位氏

 社外取締役にカルティベイト代表取締役の比嘉梨香氏(55)が就く。女性役員の就任は県内金融機関で初めてという。常勤監査役に取締役事務統括部長の友寄淳氏(58)が就任する。

 6月開催予定の株主総会と取締役会を経て、正式に決定する。

 常務取締役の親川秀光氏(61)と金城唯博氏(61)、常勤監査役の豊浜清氏(62)は退任する。代表取締役の上地頭取、大濱薫専務らほかの役員は再任。

 屋宜氏は1979年に前身の沖縄相互銀行に入行。審査第二部長、融資管理部長などを経て現職。