バニラエア(千葉県成田市)の五島勝也代表取締役社長は13日、沖縄県庁に浦崎唯昭副知事を訪ね、10月11日から宮古島市の下地島空港で副操縦士のタッチアンドゴー訓練を始めることを報告した。使用機材はエアバスA320。1期間5日。10月と来年1月の訓練を計画している。

浦崎唯昭副知事に下地島空港での訓練について報告するバニラエアの五島勝也代表取締役社長=13日午前、沖縄県庁

(資料写真)バニラ・エアのエアバスA320

浦崎唯昭副知事に下地島空港での訓練について報告するバニラエアの五島勝也代表取締役社長=13日午前、沖縄県庁 (資料写真)バニラ・エアのエアバスA320

 五島社長は他空港と比べて使用できる時間の制限がないことから「下地島空港で効率的で効果的な訓練ができる」と期待した。浦崎副知事は「3千メートルの滑走路を活用いただければ大変ありがたい」と述べた。

 また、五島社長は下地島空港での訓練にかかる費用の見直しも求めた。