日米両政府の「墜落ではなく着水だった」との主張は、事故報告書の内容と明らかに矛盾している。 実際に、事故原因はパイロットエラー(人的要因)だ。しかし、これは機体の構造と大きな関連がある。 報告書によると、パイロットは暗視ゴーグルを着用した状態で乱気流のなか空中燃料補給を試みていた。