【東京】菅義偉官房長官は12日の会見で、米空軍がCV22オスプレイの横田基地配備を決定したことについて「日米同盟の抑止力、対処力の向上に資する」と述べ、歓迎する意向を示した。

 横田基地周辺の自治体には丁寧に説明し、理解を進める考え。

 中谷元・防衛相はCV22の運用について、米側から米軍特殊部隊の低空飛行訓練や夜間訓練で使用すると報告を受けたことを明らかにした。

 県内での訓練で沖縄の基地負担が増える懸念については「沖縄への飛来も考えられるが、具体的な運用の説明は受けていない」と述べた。その上で「部隊の拠点は横田だ」とし、政府が進める負担軽減策と矛盾しないとの考えを示した。

 安全性については「十分確認されていると判断した」と述べた。