気象庁によると、強い台風18号は13日午後2時現在、沖縄県の宮古島を暴風域に巻き込みながら時速15キロで北西へ進んでいる。宮古島市では同日午後3時49分頃、下地島空港で最大瞬間風速45・8メートルを観測。午後2時30分には宮古島市に大雨警報(土砂災害)も発表された。夕方にかけて宮古島に最接近する見通しで、厳重な警戒が必要だ。

台風18号の強風で倒れたサトウキビ=13日午後4時50分、宮古島市城辺

台風18号の進路予想図(気象庁HPより)※5日予報

台風18号の進路予想図(気象庁HPより)

台風18号の強風で倒れたサトウキビ=13日午後4時50分、宮古島市城辺 台風18号の進路予想図(気象庁HPより)※5日予報 台風18号の進路予想図(気象庁HPより)

 台風の中心気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は55メートルで、中心から半径110キロ以内では風速25メートル以上の暴風となってる。また、中心から半径390キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。