名護市辺野古の新基地建設に反対する「辺野古基金」の設立総会が13日、那覇市内で開かれ、共同代表や運営委員会などの組織体制、規約を決定した。事務局によると、設立を発表した4月9日から5月11日までの寄付は1万5022件、1億8540万6093円が集まった。年度内の基金総額を3億5千万円と設定。国内外の新聞への意見広告や辺野古反対に取り組む運動体の支援をする。

活動の強化を目指しガンバロー三唱で気勢を上げる辺野古基金総会の参加者=13日午後、那覇市・サザンプラザ海邦

 共同代表は、アニメーション映画「となりのトトロ」などで知られる映画監督の宮崎駿氏、ジャーナリストの鳥越俊太郎氏、県出身の報道カメラマン石川文洋氏、昨年死去した俳優菅原文太氏の妻文子氏、金秀グループの呉屋守將会長、かりゆしグループの平良朝敬最高経営責任者(CEO)、沖縄ハム総合食品の長濱徳松会長、前嘉手納町長の宮城篤実氏、元外務省主任分析官で作家の佐藤優氏の計9人が務める。

 基金は設立発表から約3週間で1億円を超え、約7割が本土からの入金。映画監督の宮崎氏ら国内外で知名度のある人物が共同代表を務めることでさらに寄付が集まることが見込まれると同時に、辺野古反対の沖縄の民意が内外に広がることも期待されている。

 基金の使い道を議論する運営委員会も設置され、委員長に新里米吉県議(社民・護憲)、副委員長にヘリ基地反対協の安次富浩共同代表と金秀グループの古謝光弘副会長の2氏が就いた。21日から議論を開始する。