【読谷】「いったい誰が。ショックです」「まさか壕の中まで」。8歳の時、読谷村のチビチリガマで「集団自決(強制集団死)」の場に居合わせ、祖父を失った上原豊子さん(81)は12日、壕の中まで荒らされたとの知らせを聞き、驚きを隠せなかった。何者かによって踏みにじられたチビチリガマ。