居酒屋チェーン大手の鳥貴族が13日発表した2017年7月期決算(単体)は、純利益が前期比1・4%減の9億円だった。原材料価格や人件費の上昇が響き、5年ぶりの減益となった。売上高は店舗数の拡大が寄与し19・7%増の293億円となり、増収を確保した。

 「鳥貴族」の看板。10月からメニュー価格が298円に値上げされる

 天候不順の影響で生鮮野菜など国産食材の仕入れ価格が上昇したほか、人手不足でアルバイトなどの確保に必要なコストも増加した。

 鳥貴族は、10月1日から税別280円均一だったメニュー価格を298円に値上げする。18年7月期は売上高が25・9%増の369億円、純利益は38・4%増の13億円を見込んでいる。(共同通信)