【東京】防衛省は13日、夏にも着手するとしている名護市辺野古の新基地建設の埋め立て工事で、現在ボーリング調査のために設置しているブイ(浮標)やフロート(浮具)について、工事の変更申請を出さずに引き続き使用できるとの考えを明らかにした。県は1日、本体工事に入る前に全て撤去し、必要であれば翁長雄志知事から変更申請の承認を得る必要があるとの認識を示しており、県の見解を否定した形だ。

 同日、国会内で辺野古新基地建設に反対する市民団体が開いた会合で、防衛省担当者が説明した。

 担当者は、ブイやフロートについて「ブイは『このエリアを埋め立てる』と申請した。そもそもブイの設置は(事前に申請した)設計概要には含まれていない」と説明。県の見解は把握しているとした上で、「変更申請は必要ない」との考えを示した。

 沖縄防衛局はこれまで、県に対しブイなどはボーリング調査のために設置したとし「必要がなくなれば撤去する」と説明してきた。