日本レスリング協会は13日、世界選手権(9月・米ラスベガス)の代表選考会を兼ねる全日本選抜選手権(6月19~21日・代々木第二体育館)の出場選手を発表した。

 県勢は男子フリースタイル57キロ級の大城一晟(浦添工高-国士舘大)、グレコローマンスタイル75キロ級の屋比久翔平(同高-日体大)、同98キロ級の志喜屋正明(同高-国士舘大)、女子53キロ級の下地優香(那覇西高-九州共立大)が選ばれた。

 女子で五輪3連覇した53キロ級の吉田沙保里(ALSOK)、58キロ級の伊調馨(ALSOK)らが名を連ねた。