リウボウが新会社GRI(ガレー・リウボウ・インターナショナル、糸数剛一社長)を共同出資で立ち上げ、10月からベルギーの高級チョコレートGaller(ガレー)の国内販売代理店として全国規模での販売を始める。全国百貨店での催事やスーパーなどの量販店で販売するほか、直営店やカフェの運営、関連商品の開発なども行う。リウボウグループが他社ブランド商品を全国展開するのは初めて。初年度は6億円、5年後には30億円の売り上げを見込んでいる。(政経部・下里潤)

ベルギー王室御用達の高級チョコレート、ガレーのセット商品(GRI提供)

ガレーの創始者ジャン・ガレー氏(左)と握手するGRIの糸数剛一社長=8月28日、ベルギーのガレー店舗(GRI提供)

ベルギー王室御用達の高級チョコレート、ガレーのセット商品(GRI提供) ガレーの創始者ジャン・ガレー氏(左)と握手するGRIの糸数剛一社長=8月28日、ベルギーのガレー店舗(GRI提供)

 ガレーはこれまで、大阪市の飲食店会社が百貨店の催事などを通じて販売していたが、ガレージャパンとの契約終了に伴い、昨年12月に土産品店経営のココスアイランドオキナワ(那覇市、洲鎌一馬代表)が販売権を取得していた。ココスは、4月に博多大丸福岡天神店に直営1号店をオープン。同社はさらなる販路拡大に向け、リウボウと協力して7月にGRIを設立した。株式の6割はリウボウ、3割は洲鎌代表が保有する。

 GRIは8月、ベルギー本社のガレーインターナショナルと5年間の販売代理店として契約することで基本合意。直営店の出店や運営、バレンタイン商戦などの百貨店催事や、量販店に商品を卸す権利などを得た。国内でのガレー商品販売の多くはGRIが担う。

 GRIは東京、大阪に営業所を開設。既に全国で営業活動を行っており、年内に大坂、神戸へ直営店を出店予定で、今後は全国に10店舗ほど拡大する計画。ココス社が運営する博多大丸福岡天神店はGRIに移管する。

 ガレーのアイスクリームや雑貨など関連商品を開発してガレーカフェを出店するほか、ファミリーマートなどでも販売する計画だ。アジアでの展開も目指す。

 糸数社長は「沖縄から全国にビジネス展開できることを証明したい。国内販売を早期に軌道に乗せ、アジアにも進出していきたい」と話した。

 ガレーはベルギー王室御用達のチョコレートブランド。口紅のようなカラフルな形状で、柔らかな口溶けが特徴だ。GRIによると、ゴディバやヴィタメールなどとともに日本人の人気チョコレートブランドの上位に入っており、世界約50カ国で展開している。現在の国内の売り上げは約3億円。