来県中の元米国防長官ウィリアム・ペリー氏(89)がインタビューに応じ、米軍普天間飛行場の返還が実現しない現状をわびた。一方、沖縄に基地が集中し続けることについては「日本の政治的判断」などと慎重な言い回しが目立った。一問一答は次の通り。 -普天間飛行場や辺野古を視察し感じたことは。 「非常に失望した。