米兵による暴行事件が発生した1995年当時、米国防長官を務め、普天間飛行場返還計画の大枠を練り上げたペリー氏。大田昌秀知事と会談するなど、沖縄とのつながりは深いが、在任中から一貫して在沖米軍の必要性を訴えてきた。