【西原】「うわー!」。西原町陸上競技場のテントで8日、歓声が上がった。陸上大会の昼食時間にキャラ弁グランプリが開かれ、体操着姿の西原中学校生が群がった。全校生徒616人のうち115人が出品。弁当箱のふたを開けると、のりの黒、ハムのピンク、卵の黄色が見事、漫画やアニメのキャラクターに化けていた。(平島夏実)

上位入賞者の作品

伊志嶺澄人先生(左端)と力作を出品した生徒たち=西原町陸上競技場

上位入賞者の作品 伊志嶺澄人先生(左端)と力作を出品した生徒たち=西原町陸上競技場

 呼び掛けたのは美術科の伊志嶺澄人先生(39)。担任するクラスでやっていたキャラ弁グランプリを、初めて全校に広げて実施した。

 伊志嶺先生は、「生徒には負けられない」とインターネットで調べた「進撃の巨人」のキャラ弁に挑戦した。顔に見立てたおにぎりにカニかまを貼り付け、顔面筋を表現。米粒を一つ一つ箸で並べ、食いしばった歯に見えるようにした。「毎週木曜に娘のお弁当を作ってますから」。生徒に絶賛され、頬が緩んだ。

 朝5時起きでトトロを作った喜屋武萌香さん(3年)は「とろけるチーズじゃないのにチーズの目が溶けてる!」と太陽熱を恨んだ。喜納碧(あおい)さん(同)は前夜考えたというウコン粉入りのおにぎりを入れ、呉屋和十音(おとね)さん(2年)はハンバーグをのりとチーズでパンダにしただけでは飽き足らず、弁当袋と箸もパンダ柄でそろえた。

 渡慶次舜君(3年)は、アニメ映画に出てくるバナナ好きの黄色い生物「ミニオン」をオムライスで作った。

 職員審査によるイベントの上位入賞者は次の通り。(敬称略)

 【グランプリ】宮城利佳(1年)【準グランプリ】米須麗未(れいみ)(3年)【校長賞】新城優音(同)【4位】澤岻里依奈(同)【特別賞】知念彩(2年)▽仲宗根萌(3年)▽國吉香鈴(同)▽照屋梨紗(同)▽小波津美結(同)▽出盛由真(2年)