【名護】環境省レッドリストで最も絶滅の恐れが高い「絶滅危惧1A類」とされているノグチゲラの巣が、初めて名護市内で確認された。環境省やんばる自然保護官事務所が13日、発表した。ノグチゲラの主な生息場所は国頭、大宜味、東の3村だが、同事務所は「名護市でもノグチゲラが巣を作り、繁殖できる環境がある証拠。分布域が広がっている可能性がある」と見ている。

親鳥(下)からえさをもらうノグチゲラのひな=10日、名護市内(渡久地豊さん撮影)

 ノグチゲラの調査をしている環境省ノグチゲラ保護増殖事業ワーキンググループ委員の渡久地豊さんが1日、発見した。巣の中にはひな1羽がおり、雄と雌の親鳥が交互にえさをやる姿も見られた。

 11日には、巣の中にいた幼鳥が巣立つのも確認された。

 グループは昨年6月、名護市源河の山中で木の幹に止まっているノグチゲラの親子3羽を確認しているが、営巣・繁殖が確認されたのは初めて。