宮古島海上保安部は14日午前9時ごろ、台風18号の影響で係留ロープが切れ、乗組員4人が残されたまま宮古島市の平良港内を漂流していた台湾漁船「徳鴻發」(55・65トン)を救助した。同保安部の潜水士が漁船の近くまで泳いで乗組員にロープを渡し、岸壁までたぐり寄せて着岸した。

台風18号の強風で接続部が切れ、車道をふさぐ電線=13日午後4時、宮古島市城辺

 同保安部によると4人は陸に上がらず船内で待機しているが、全員けがはないという。 

 台湾漁船2隻は宮古島の北の海域で操業していたが、台風の接近で12日午後6時半に同港へ緊急避難していた。

 13日午後3時6分ごろ、2隻の係留ロープが切れて港内を漂流。「勝吉輝6號」(17・64トン)は対岸に接岸し船員が自力で上陸して保護されたが、「徳鴻發」の乗組員4人が船内に残された。宮古島海上保安部と同消防本部が救助に当たったが、暴風で視界が悪く救助作業を見合わせていた。

 2隻には台湾人船長2人のほか、インドネシア人の船員が4人ずつ乗船。同保安部によると、2隻は同港へ避難した後、税関検査などを受けた後に船内で一夜を過ごしていた。13日に入って風雨が強まり、ロープが切れたため、救助を要請したという。