1996年に米軍普天間飛行場の全面返還が合意された当時の米国防長官のウィリアム・ペリー氏(89)が来沖し、13日、那覇市内のホテルで、沖縄タイムスなどのインタビューに応じた。ペリー氏は同飛行場の返還が実現していないことについて「非常に失望している。謝罪したい」と述べた。