「結果は良くないが、今の自分としてできることはやった」。女子円盤投げ2位の知念莉子(那覇西高-筑波大)は低調だった記録にも、前向きだった。

女子円盤投げで2位に入った知念莉子(提供)

 46メートル69で前回大会を制したが、1、2投目は44メートルにも届かず、3投目でようやく45メートル15をマーク。首位に立った藤森(順大)が3投目以降、47メートル台を連発するのに対し、知念は記録を伸ばせず、2連覇を逃した。

 大学最後の年の初戦は、ほろ苦いスタートとなったが、「フォームもイメージも悪くない。体の状態は、4年間で今が一番。6月の日本選手権で恥ずかしくない成績を残したい」と切り替えた。