【東京】9・29県民大会決議を実現させる会は13日、参院議員会館で「沖縄戦『集団自決』消せない傷痕」写真展・シンポジウムを開いた。約80人の参加者は「集団自決(強制集団死)」が起きた読谷村波平のチビチリガマ内部が荒らされたことを受け、「破壊行為を断じて許さない」と抗議するアピールを議決した。