新基地建設に伴う名護市辺野古沖の埋め立て土砂の採取先、鹿児島県奄美大島の市民団体「自然と文化を守る奄美会議」の大津幸夫共同代表らは14日、県庁に町田優知事公室長を訪ね、建設阻止に向けた連携を求める要望書を手渡した。