【ベルリン共同】国際サッカー連盟(FIFA)は14日、2020年東京五輪の大陸別出場枠を発表し、アジアの枠は16チームで争う男子が4(開催国の日本を含む)、12チームで競う女子が3(同)となった。16年リオデジャネイロ五輪のアジア枠は男子が3、女子が2だった。

 東京五輪の男子は欧州が4、アフリカが3、北中米カリブ海と南米が2、オセアニアが1。女子は欧州が3、北中米カリブ海が2、アフリカと南米は1・5ずつで、オセアニアが1となった。(共同通信)