台風18号の猛烈な風雨が過ぎ去った沖縄県の宮古島市では14日、営業再開のめどが立たないスーパーや飲食店が多く、一部のコンビニやスーパーに、食料品を買い求める客が殺到。宮古空港には午前中、キャンセル待ちや予約変更、払い戻しの乗客があふれた。多くの場所でいまだ停電が続き、辺りはまだ暗闇に包まれている。復旧作業は道半ばで、台風の余波が生活を直撃している。

台風18号の強風で吹き飛ばされた軽自動車=14日午後0時5分、宮古島市平良

台風18号の強風で停電となった信号機=13日午後3時47分、宮古島市平良

台風18号で倒壊した木の下敷きになる車両=14日午前7時42分、宮古島市平良

台風18号の強風で吹き飛ばされた駐車スペースを覆う壁=14日午後1時29分、宮古島市平良

台風18号の影響でドアの窓ガラスが割れ、看板も倒れたスーパー=14日午前9時8分、宮古島市平良

台風18号の強風で折れ曲がったバナナの木=13日午後3時28分、宮古島市平良

台風18号が通過し、商品を買い求める客で混雑するスーパーの店内=14日午後5時22分、宮古島市平良

台風18号の強風で吹き飛ばされた軽自動車=14日午後0時5分、宮古島市平良 台風18号の強風で停電となった信号機=13日午後3時47分、宮古島市平良 台風18号で倒壊した木の下敷きになる車両=14日午前7時42分、宮古島市平良 台風18号の強風で吹き飛ばされた駐車スペースを覆う壁=14日午後1時29分、宮古島市平良 台風18号の影響でドアの窓ガラスが割れ、看板も倒れたスーパー=14日午前9時8分、宮古島市平良 台風18号の強風で折れ曲がったバナナの木=13日午後3時28分、宮古島市平良 台風18号が通過し、商品を買い求める客で混雑するスーパーの店内=14日午後5時22分、宮古島市平良

 午前中、何軒も営業再開のコンビニを探し、食料を買い求めた長田好恵さん(43)=市平良西原=は「昨日一日分だけの食料しか用意していなかったので開いている店を見つけられてよかった」と話した。

 伊良部島の介護施設で働く宮國誠さん(31)=市平良東仲宗根=は「今日は自宅待機で休みになった。草木が多い場所なので明日からの通勤で倒木で通れない道がないか心配だ」と懸念した。レンタカー業の新崎亮太さん(34)=市平良下里=は「停電でパソコンが使えず、看板も飛んだ。だが、台風が去って観光客はどんどん来る。早く復旧が進んでほしい」と願った。

 宮古空港では午前中、キャンセル待ちなどで乗客が列をつくった。友人と観光で訪れた東京の大学3年生の立脇希望(ゆきの)さん(20)は「昨日帰る予定が台風で延びた。直行便が取れなかったので那覇経由で帰るが、混雑していればさらに戻るのが遅くなるかもしれない」と不安を口にした。