沖縄県警石川署は14日、恩納村名嘉真のペンションで、サークル仲間と飲酒していた専修大学1年の男子学生(18)=東京都=が急性アルコール中毒で死亡したと発表した。一緒に飲んでいたサークル仲間でいずれも19歳の男女2人を補導した。

 石川署によると、死亡した男子学生は12日までに、同大に通う18~22歳の男女9人のサークル仲間と旅行目的で沖縄に来県。その後、宿泊先のペンションで、同日午後11時ごろから翌13日午前1時までの間、缶ビールやワイン、焼酎を飲んでいたという。同署によると、一気飲みの強要などはなかったという。

 学生は酔っぱらったまま床で寝ていたが、13日午前5時ごろ、仲間の1人が学生の呼吸が停止していることに気付き119番通報。心肺停止の状態で病院へ搬送されたが、13日午前7時ごろ死亡した。

 同署は未成年飲酒禁止法違反の疑いを含め、酒の購入先などを調べている。