2017年(平成29年) 11月18日

沖縄タイムス+プラス ニュース

北朝鮮ミサイル発射 嘉手納基地で米軍偵察機が離陸

 【嘉手納】北朝鮮が弾道ミサイルを発射した15日、米軍嘉手納基地では未明から早朝にかけて弾道の測定や情報収集の機能がある米軍機や空中給油機が相次いで離陸した。米本国から嘉手納に飛来している電子偵察機RC135S(通称コブラボール)とKC135空中空輸機は午前3時半すぎに離陸。午前6時57分の弾道ミサイル発射に備えたとみられる。

嘉手納基地に着陸する電子偵察機RC135S。北朝鮮が発射した弾道ミサイルの観測任務後とみられる=15日午後0時30分ごろ(読者提供)

 さらに午前8時ごろには米本国から飛来している情報収集機RC135V(リベットジョイント)が離陸した。

 RC135SとKC135は午後0時30分ごろ、嘉手納基地に戻った。

これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
24時間 1週間

注目トピックス