乱獲などにより減少が続いているシラヒゲウニの生息数が危機的水準に陥っている。県水産海洋技術センターが8月に恩納村で実施した生態調査では、約1万5千平方メートルの海域(沖縄セルラースタジアム那覇のグラウンドとほぼ同じ広さ)で見つかったウニはわずか8匹だった。