建設や不動産業などを手掛ける沖縄実業(那覇市、宮里幸雄社長=写真中央)は14日、歩行が困難な高齢者らが利用する介護用ポータブルトイレ70個(1個3万4千円相当)を県と県社会福祉協議会(湧川昌秀会長=同右)に寄贈した。