金秀グループの創業者で7月に亡くなった呉屋秀信さんの遺志を受け、親族が14日、子どもの貧困問題解消に取り組む「沖縄こども未来プロジェクト」に30万円を寄付した。 秀信さんの次男で金秀アルミ工業の呉屋守章副会長が沖縄タイムス社を訪れ、「父は沖縄の戦後復興を担い、子どもの教育や伝統文化継承にも尽力した。