沖縄県工業連合会は16日までに任期満了に伴う役員人事で、同会副会長で金秀アルミ工業副会長の呉屋守章氏64を次期会長に起用することを内定した。現会長で沖縄ガス顧問の湧川昌秀氏68は退任し、顧問に就く。6月の定時総会を経て正式決定する。任期は2年。 呉屋氏は西原町出身、東北大学大学院卒。