体操の第33回タイムス杯争奪総合大会(主催・県体操協会、沖縄タイムス社)第1日は16日、沖縄市体育館で新体操を行い、中学女子団体はふぇありぃ新体操教室が初優勝した。高校はコザ高、小学校は美華咲新体操教室がともに2連覇を飾った。

 個人総合高校の部は普天間高2年の屋良柚希(美華咲)、中学は美里中3年の平安花梨(美里ク)が初優勝した。小学高学年の部は大里北小5年の城間穂純(翔南ク)、同低学年の部は美原小3年の天久璃乃(GRACE)が制した。

 小学校団体上位2チームと個人高学年上位4人は九州小学生大会(8月・宮崎)の出場権を得た。高校団体のコザ高は国体九州ブロック(7月・大分)に出場する。