沖縄県警豊見城署は15日、偽造した旧1万円札100枚を密輸しようとしたとして、関税法違反の疑いで自称台湾籍の会社員(52)を逮捕したと発表した。捜査に影響するとして認否を明らかにしていない。逮捕は8月30日で沖縄地区税関は15日、同法違反で那覇地検へ告発した。

偽造された旧1万円札(下)とその束(沖縄地区税関提供)

 逮捕容疑は8月29日、台湾桃園国際空港から那覇空港に入国し、偽造した旧1万円札100枚を密輸しようとした疑い。同容疑者が税関検査を急いで通過しようとしたため、税関職員がショルダーバッグの中身を詳しく調べたところ、バッグの中の紙袋に隠し持っているのを発見した。

 県警などによると、偽造して持ち込んだのは聖徳太子の図柄入りの偽札。帯付きの札束にして持っていたという。本物と同じサイズで、番号や透かしも入っている。「一見すると本物と見分けがつきにくい」(捜査関係者)という。

 県内で同種の偽札が出回っているなどの通報はないという。単独の犯行とみられ、偽造場所や目的などを詳しく調べている。