気象庁によると大型で強い台風18号は16日、東シナ海の海上をゆっくりとした速度で北東に進んでいる。17日には九州にかなり接近して上陸する恐れがあり、暴風やうねりを伴った高波、大雨による土砂災害への厳重な警戒を呼び掛けている。

気象衛星ひまわり8号がとらえた台風18号(NICTひまわり8号リアルタイムWebから)

台風18号の進路予想図(気象庁HPから)

気象衛星ひまわり8号がとらえた台風18号(NICTひまわり8号リアルタイムWebから) 台風18号の進路予想図(気象庁HPから)

 台風18号は16日午前10時現在、東シナ海をゆっくりと北東へ進んでいる。中心の気圧は955ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は60メートルで、中心から半径200キロ以内が風速25メートル以上の暴風域、半径500キロ以内では風速15メートル以上の強風域となっている。

 16日は台風接近や前線の活発化で、西日本から東日本の太平洋側を中心に雷を伴った非常に激しい雨が降ると予想される。16日夜から17日は西日本で猛烈な風が吹き、海は大しけになる見込みだ。

 17日午前6時までの24時間予想雨量はいずれも多いところで、東海350ミリ、近畿300ミリ、九州南部、四国250ミリ、奄美、伊豆諸島150ミリ、九州北部120ミリ、中国100ミリ。