17日の県民大会で、断念を求める名護市辺野古の新基地建設。米軍普天間飛行場の返還実現のため、日米両政府は「唯一の解決策」として作業を進めている。昨年末に就任した翁長雄志知事はあらゆる手段で建設を阻止すると訴え、県は作業の停止や調査を求めるなど政府の進め方を厳しく批判している。