16日午前2時35分ごろ、沖縄市登川で赤信号を無視して警察に追われていた2人乗りバイクの運転手の20歳男性(うるま市)が、フェンスをよじ登り逃走を図ったところ、約15メートルの崖下に転落した。沖縄署によると、男性は背骨骨折の重傷。同署は「追跡方法に問題はなかった」としている。

 同署によると同日午前2時半ごろ、巡回中のパトカーが同市池原付近の道路で赤信号無視をした2人乗りバイクを発見し、赤色灯を回して追跡した。

 2人はその後、バイクを放置し走って逃走。男性は会社の敷地内にある高さ約3メートルのフェンスをよじ登り、飛び降りたところ崖下に転落した。同乗者の15歳の少年(同)はフェンスを乗り越える前に確保された。