沖縄戦で犠牲になった新聞関係者14人の名前が刻まれた那覇市若狭の「戦没新聞人の碑」で17日、遺族や報道関係者らによる慰霊の集いが開かれ、約150人が祈りをささげた。日本新聞労働組合連合沖縄地方連合会などによる戦後70年記念事業の一環。

戦没新聞人の碑に献花する参列者=17日午前、那覇市若狭

 集団的自衛権の行使を可能にすることなどを盛り込んだ安全保障法制の関連法案が閣議決定された直後のタイミングとあって、参加者からは「戦前回帰」を危惧する声が相次いだ。

 そうした中で、「戦争のために二度とペンを、カメラをとらない、輪転機を回さない」とする「平和の誓い」を確認し合った。

 戦況を伝えるため沖縄からの脱出を試み、糸満市摩文仁の海で亡くなった毎日新聞の下瀬豊記者の次女、永田栄子さん(69)=長崎市=も参加し、「戦争は決してあってはならない」などと訴えた。