「先制点を取って有利に進めよう」(比嘉邦雄監督)の指示通り、那覇商は第1Qから那覇西を攻め立てた。 開始早々、宮城琉斗(2年)のミドルで先制。「相手守備に隙があった。