古堅舞(ケンケン、前原高1年)が逆転で高校女子の頂点に立った。出だしの跳馬で着地をぴたりと決め、幸先よくスタートしたが、2番目の段違い平行棒と3番目の平均台で落下や尻もちなど大きなミスが出て失速。3種目を終えた時点で2位だった。 最後は得意とする床。「ミスが続いて超へこんだけど、床は自信がある。