翁長雄志知事は18日午後、県庁で臨時会見を開き、ハワイで発生したMV22オスプレイが着陸に失敗し、一人が死亡した事故について、普天間飛行場に配備されているオスプレイの飛行中止も視野に、原因究明などを申し入れる考えを示した。

 翁長氏は事故の発生に「憤っている。県民の安心安全守る見地からしっかり対応したい」と述べ、県内のオスプレイ配備に撤回を求める姿勢を示した。

 名護市辺野古の新基地建設で、沖縄防衛局がボーリング調査後にフロートを撤去しない場合、県として速やかに撤去するよう文書で指導する考えも明らかにした。

 県が要求している制限区域内での立ち入り調査に対し、沖縄防衛局が一部水域の調査に「合理的な理由がない」と難色を示していることを明らかにし、再申請から約2カ月経過しても米軍から許可が出ない状況を批判した。