翁長雄志知事は18日、県庁で臨時会見を開き、米ハワイ州で海兵隊の新型輸送機MV22オスプレイが着陸に失敗し、一人が死亡した事故について、「憤りを感じる」と述べ、県内に配備されているオスプレイの飛行停止要求を含め厳しく対応する考えを示した。事故の原因究明や詳細な説明を早急に求め、日米両政府に対してあらためて配備撤回を訴える姿勢を示した。

事故に「憤りを感じる」と厳しい表情で語る翁長雄志知事=18日午後、沖縄県庁

 翁長氏は「県民の安心、安全を守る見地からしっかりと対応していく」と強調。原因究明の過程で、「オスプレイ配備の撤回、新基地基地建設を造らせないことに県民、国民の理解を得ることができるのではないか」と語った。

 オスプレイの危険性について、エンジン停止時の着陸手段であるオートローテーション機能が欠如していることを挙げ、「抑止力としては使えないのではないか。沖縄に配備する意味合いがだんだん薄れてきている」と話した。

 また、日米間の取り決めたオスプレイの運用ルールの実効性に疑問を呈し、市街地や夜間の飛行に制限がないと指摘、「こうした環境でのオスプレイ配備は到底容認できない」と強調した。