【東京】菅義偉官房長官は18日の会見で、事故を起こした新型輸送機MV22オスプレイについて、オスプレイの飛行実績に触れ、「安全だと考えている」と述べ、安全性には問題がないとの認識を示した。事故を受け、米側が「迅速で透明性を持って対応する」と伝えてきたことも明らかにした。

 政府は同日、米側に事故原因の究明と関連情報の速やかな提供を求めた。

 中谷元・防衛相は同日の臨時会見で、翁長雄志知事が原因究明までのオスプレイの飛行停止に言及したことについて、「第一には米側が当事者であり、乗務員などの安全については米側が判断すべきだ」と述べ、政府として飛行停止などは求めない考えを示した。

 また陸上自衛隊が導入するMV22の佐賀空港への配備計画については「より丁寧に(地元へ)説明していきたい」と述べ、計画に影響はないとの見方を示した。同日会談した在日米軍兼第5空軍のアンジェレラ司令官が「分かり次第情報提供し、安全な運用に心掛けていきたい」と伝えてきたことも明らかにした。