沖縄県内の高校以上の学生を米シリコンバレーに派遣する人材育成プロジェクトのRyukyu frogs(琉球フロッグス)は第7期の参加者を募集している。英会話やプレゼンテーションなどの研修、英語での成果発表を通して、将来の沖縄をけん引するリーダーや起業家などを育成する。

 応募の中から、面接と合宿選考会を経て、参加者10人を決める。参加者は約1カ月間の事前研修を受け、8月に11日間の日程でシリコンバレーを訪問。帰国後は、ITを活用して、観光や農業などの他産業の課題を解決するビジネス案をまとめ、12月に英語で発表する。

 7回目となる今年は沖縄タイムス社を含む県内39社による実行委員会で実施。これまで45人をシリコンバレーに派遣している。

 31日午後1時30分から琉大大学会館で説明会を開く。参加無料だが、事前予約が必要。問い合わせは同事務局、電話098(921)1055。