沖縄地区予選リーグをトップで勝ち抜いた名桜大は、2011年春以来の優勝を目指す。 「選手個々が自らの役割を考える野球」がテーマ。「好機では『ただ返す』ではなく、どんな打球を打てば最高の役割を果たせるか。そこまで突き詰めます」と瀧川拓弥学生コーチ。飛び抜けた選手はいないが組織力で対抗する。