気象庁は19日午前、鹿児島県の奄美地方が梅雨入りしたとみられると発表した。全国で最も早い梅雨入り。平年より8日、昨年より14日遅い。同日青空が広がった沖縄地方は、梅雨入りしていない。

沖縄地方は青空が広がっている=19日午前、那覇市

奄美地方が沖縄地方より早く梅雨入りしたのは2006年以来、9年ぶり。沖縄地方の平年の梅雨入りは5月9日で、梅雨明けは6月23日。

沖縄気象台によると、梅雨前線が奄美地方で停滞し、沖縄地方まで前線が下りてきていないため、奄美地方が先に梅雨入りしたという。【沖縄タイムス+プラス編集部】